診療案
医師紹
院内のご案内
診療設備
交通アクセス
正和会トッ
トップページ


X線診断装置
 主に胸部・腹部などのレントゲン撮影を行います。


呼吸機能検査装置
肺活量をはじめとして肺の働きを調べます。肺年齢がわかり、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の早期発見が出来ます。

心電図分析装置
心電図を記録した後、自動的に波形を解析します。




多項目自動血球計数装置
血液中の有形成分(赤血球、白血球、血小板)を電気インピーダンスにより定量する全自動の装置です。

採血検査が至急対応できます。


超音波装置
腹部だけでなく、甲状腺、心臓用のプローブも備えています。頸動脈の観察から動脈硬化の度合いも測定可能です。また、血流を測定できるドップラー装置が組み込まれており、血管病変や腫瘍性病変(がんなど)に威力を発揮します。

下部消化管内視鏡(大腸内視鏡検査)
大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミーや内視鏡粘膜切除術など)することもできます。


上部消化管内視鏡(胃カメラ検査)
胃だけでなく、食道・十二指腸も調べます。患者さんの希望により口からの内視鏡(経口内視鏡)と鼻からの内視鏡(経鼻内視のどちらも選択可能です。口からの胃カメラが苦手な方はお気軽にご相談ください。
当院の内視鏡システムは高輝度でNBI(Narrow Band Imaging=狭帯域フィルター、がんなど微細病変の早期発見や病変の悪性度診断、病変範囲の精密診断などが可能となる)を組み込んだ内視鏡です。


自動分析装置
採血検査が至急対応できます。



南秋田整形外科との連携により、CTやMRIに至るまでの最新の医療機器が、高度な医療技術をサポート致します。