地域密着型特別養護老人ホームとは、平成18年から開始された地域密着型サービスの一環として位置づけられるものです。原則として、事業所の所在する市や町の住民のみが利用できるサービスで、住み慣れた地域で生活を続けることができるメリットがあります。
また、利用定員数が29名以下と小規模であることから、家庭的な生活環境を提供できます。